安くあげるためにゲーム用パソコン自作は、おすすめしない理由

安くあげるためにパソコンを自作するのはおすすめしません

「パソコンを安く購入したい」といった場合、その選択肢の中に「自作パソコン」を検討される方がいらっしゃると思います。

 

ですが、実際にパソコンを自作するとなると、結構気をつけなければならないことが多く、下手をするとメーカー製のパソコンを購入したほうが安上がり、ということもあるんです。

 

 

まず、パソコンを自作する際には、各種パーツを購入しなければなりません。

 

  • すべてのパーツを収納する“PCケース”
  • 各パーツに電力を供給する“電源”
  • 各パーツの土台になる“マザーボード”
  • パソコンの頭脳“CPU”
  • パソコンの処理速度を左右する“メモリー”
  • 記憶装置である“ハードディスク”
  • 各種情報を読み書きする“光学ドライブ”
  • パソコンの基本ソフト“OS”

 

と最低でもこれらをそろえる必要があります。

 

ただし、パーツには「規格」がありパーツ同士の規格が合わないと組み立てられません。

 

パーツには相性問題もある

 

ただやみくもに安いパーツを買えばよい、というわけではないのです。

 

また、規格が合っても、パーツには「相性」というものもあり、とあるメーカーのメモリーととあるメーカーのマザーボードは相性が良くないため、スペックどおりの能力が発揮できない、といったこともあります。

 

購入前にその辺りも調査しておく必要があります。

 

パソコンの組み立てにも注意が必要

 

次にパソコンを組み立てる際にも注意が必要です。

 

それぞれのパーツは、とてもデリケードで、取り扱いには慎重さが必要です。

 

例えば、CPU、メモリー、マザーボードは静電気に弱いため、取り扱い時に対策が必要です。

 

また、電源や各種パーツ間の配線が正しくないと、組み立て後にパソコンが動かなくなったり、最悪パーツがダメになってしまうことがあります。

 

なお、パーツのメーカーは海外のメーカーであることが多く、マニュアルも手取り足取り細やかに、というものではないので、不明部分は自分で調べる努力も必要になります。

 

セッティングにも時間がかかる

 

無事パソコンが組みあがっても、OSや各種アプリケーションソフトのインストールが必要で、セッティングに数時間が必要になります。

 

時間に余裕があって、細かい作業に自信があり、自分好みのパソコンを作ってみたい!という方であれば、是非チャレンジしていただければと思います。

 

しかし、「費用を抑えたい!」という理由だけなのであれば、根気が必要でリスクを伴う自作パソコンは、おすすめしません。

 

ゲーム用パソコンを無理に自作する必要はない

 

パソコンを自作することで、コストを下げることもできます。

 

しかし、コストを下げることができるといっても、場合によってはそれほどお得にならない場合もあります。

 

個人一人がパーツを買ってきて自作するとなると、PCでメーカーのように大量仕入れでパーツ1つあたりの価格を抑えることができないのも理由の1つです。

 

パソコンの自作は、自作することが好きな人向け

 

自作することは、パソコンの扱いに慣れていて、パーツを組んでいく作業が好きな人がしていることが多いです。

 

何故なら、CPUやグラフィックボードなどのパーツは、いくつもの種類があり、選ぶのも時間を要するからです。

 

節約できるコストと手間を天秤にかけると、「自作した方がお得」とは一概に言えません。

 

パーツは、自分の作りたいスペックに合わせて選んでいくもので、パソコンの成り立ちを詳しく知っていないとできないことです。

 

しかも、その選んだパーツを今度は組み立てていくという、不馴れな人にとってはとてつもなく難しい作業が待っています。

 

基盤の取り扱いにも注意し、ホコリが入らないよう細心の注意を払う必要もあります。

 

自作をする人は、その手間のかかる作業が好きで、「これだ!」というパーツで自分で作ったパソコンが好きだから自作をするのがほとんどで、好きでもないのに無理をして自作をする必要はないのです。

 

 

おすすめのゲーム用ノートパソコンはこちら